松任芽 (福寿草)

白山市で栽培されている福寿草は毎年展示会が開かれています。
平成30年も観てきました。いい年であることを願っています。
画像


画像


9月中旬 石川県立樹木公園での秋






前回9月初旬の石川県立樹木公園から約2週間たったので秋が
どんなに進んだかを見てきました。

公園の中は彼岸花が咲き、キノコが沢山、土の中から顔を出していました。
いずれのキノコの名前もわかりませんが、可愛らしく生命の息吹を感じました・

またカリンも実をつけていました。

芝生の中にルツボの花も咲いていました。

前回見たパンパースグラスも穂だしてきれいに咲いていました



近くの農家の庭先の栗の木には、はじけた栗が落ちていました。

さらに公園から少し離れた山間の畑にはソバの花が咲いていました。

今頃の白山市の秋の一部です。

彼岸花

画像


画像


キノコ

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



カリン

画像


ルツボ

画像


パンパースグラス

画像


くり

画像


画像


ソバの花畑

画像




























9月 秋を見に行きました








痛めていた腰痛も和らぎ少し歩けるようになりました。

9月になったので、秋がどこかにないかと石川県森林公園に行ってきました。
桂の葉が少し黄色に色ずき秋の気配を感じさせてくれました。


色づき始めた桂の木

画像


その他 トチノキ ギボシ コブシの実 朝鮮マキ が目に入ってきました。

画像


画像



画像


朝鮮マキ

画像



公園の横にパンパスグラスが一つだけ咲き始めていました。また名前の知らない可愛い白い球になった花(実)

がありました。(もしかしたらアジサイかな?)

画像



画像



空を見ると巻雲らしきものが見え、家に帰って見上げるとやはり巻雲でした。

夏の雲から秋の雲に変わり、本格的な秋がすぐそこまで来ています。

巻雲

画像


画像


画像







なんじゃもんじゃ








地元新聞に鶴来別院(白山市鶴来地区)の庭に「なんじゃもんじゃの花」が
咲きましたの記事がありました。いまだに野次馬根性が抜けなくて、早速見に
行ってきました。新聞記事のおかげか知りませんが、ポチポチ人が来て花見
をしていました。
近所の人の話では、いつもの年より1週間ぐらい早く咲いたとのことでした。

ウィキペディアによると
「ナンジャモンジャ」と名付けられる植物の樹種には、ヒトツバタゴのほかにクスノキ(樟)、ニレ(楡)、イヌザクラ(犬桜)、ボダイジュ(菩提樹)などがあります。

プロペラ型の白い花。 すぐ散ってしまう。 ・明治時代、東京の青山練兵場 (今の明治神宮外苑)の
道路沿いに このなんじゃもんじゃの木があり、 名前がわからなかったので 「何の木じゃ?」とか
呼ばれているうちに いつのまにか 「なんじゃもんじゃ?」 というようになった。いうことです。

画像



画像



画像






黄砂と彩雲

腰痛のため歩行困難となり、長い間写真撮影をご無沙汰しております。
4月24日車で走行中前日から、北陸地方は黄砂現象となり、視界も6km
ぐらいになりました。前方を見ると黄砂で黄色になった太陽があり、水を張った
田んぼに反射していました。太陽の少し横のほうに彩雲もあり写真に撮りました。
車から一歩も出なくて写真が撮れました。次の日の新聞ではpm2.5基準値超えていたそうです。

黄砂

画像


黄砂と彩雲

画像



彩雲

画像




田んぼの中の小学校








白山市立松南小学校は平成25年1月、白山連峰を望む豊かな田んぼの真ん中に建ちました。、児童にとってゆとりある学習空間を提供することができる場所です。
こんな学校で勉強したいと思いませんか。学校の四方から写真を撮ってみました。


画像



画像


画像


画像


画像



画像





画像
画像